私たちのネイチャードリーム

リンゴの川、草の道、リンゴでできた巨大猫、木にすり替えられた街の信号などなど... 夢は夢見る人だけのものと言われるかもしれませんが、敢えて私たちはそれに異を唱えたいと思います。都市に自然を取り返せる世界を夢見る人たちが思い描く空想を、私たちは信じることにしました。ストロングボウは、その夢を現実化することにしました。いたる所で自然の魅力を届けるメアリー&ムッシュー・プラントを、是非ご覧ください。2人が都会の人々を巻き込んで、リンゴの川で川下りしたり、木の皮でできたスケートボードを乗り回したり楽しく大騒ぎ。夢にも見ないような夢をあなたも一緒に見てみませんか?

2人のアーティスト

メアリー&ムッシュー・プラントと2人のネイチャードリーム

メアリー&ムッシュー・プラント

メアリー&ムッシュー・プラントは、都会にグリーンなスペースを取り戻そうという飽くなき探究欲を共有する2人組です。メアリーは菜園を愛して止まないアーティストの大家であり、ビッグアップルに光り輝く自然を取り戻そうと企画された、マンハッタンの水辺に浮かぶ果樹園、スウェイルの考案者です。もう1人のムッシュー・プラントは、植物の世界やグリーンなビジョンに情熱的な審美眼を持つアーティストで、その作品は人々と商品の関わりに革命を起こすことを目指しています。私たちはこの2人の夢想家の心の中に潜り込み、自然が都会に戻ってきたらどうなるか空想してみました。そうして生まれたのが、2人のネイチャードリームでした。

メアリー・マティングリー

メアリー・マティングリーは、エコシステムやモバイル環境を制作するアーティストです。熱心な菜園家でもあるマティングリーは、私たちが現在と未来を過ごす公共エリアを再考する手段として、自給自足の生活形態を作り出し始めました。彼女が手がけた最も有名なプロジェクトは、スウェイルです。これは水面に浮かぶ果樹園で、ニューヨークに自然の輝きを取り戻そうとするものです。「健康に良い食べ物が、お金を出して買う商品ではなく、公共サービスになったらどうでしょう?」 とスウェイルの動画でマティングリーは問いかけます。「それが、このモバイル構造体を通して私たちが投げかけたい質問でした。」

ムッシュー・プラント

フランス人アーティスト、クリストフ・ギネは、ムッシュー・プラントとして知られ、植物の世界やグリーンなビジョンに対する情熱的な審美眼の持ち主です。ギネの作品は人々と商品の関わりに革命を起こすことを目指しています。生まれて以来、都会と田舎を行き来する生活を送ってきたギネは、その2つの世界の要素を混ぜ合わせ、木の皮でできたスケートボードなど、まったく新しいものを創造しています。「原点に立ち返ること:人間は精神的にも芸術的にも自然によって育まれるもの」というコンセプトを提唱しています。ギネのプロジェクトは、自然の美しさを再発見し、その恵み豊かなエネルギーを改めて評価するように私たちを掻き立てます。

Group picture

夢の中へ

この夢の制作秘話を見て、あなたも一緒に夢を見てみましょう。